導入して本当に良かったです。

先の東日本大震災によりかなりの数の原子力発電所が大きな被害を受け、運転を停止しました。
首都圏や関東地方、東北の一部では電力が不足したために計画停電が実施され、電気のない生活のリスクの高さを改めて実感された方が多いでしょう。
私は自宅にたまたま東日本大震災よりも前に太陽光発電システムを設置されていたので、計画停電の時間帯も自宅に設置した太陽光発電システムが自家発電する電気で計画停電中も電気を使用することができ、災害発生時の太陽光発電システムのメリットの大きさを実感しました。
近所にも太陽光発電システムを設置していた家庭があって、やはり災害時の太陽光発電システムの有用性を事前に説明されていたとはいえ、計画停電のデメリットというのが想像以上だったこともあり、導入していて良かったというのが皆さんの感想です。
実際、計画停電の実施に当たっては停電実施区域の線引きに不公平感がありましたし、実施時間についてもある程度の事前アナウンスはありましたが、事前の情報と異なる時間に実施された地域も多く、かなりの混乱がありました。
太陽光発電システムを導入した事により電気の大切さをより深いレベルで理解できるようになりましたし、電気を多く消費する季節の節電要請についても、太陽光発電システムが稼動している時間帯はそれほど我慢せずに済んだこともとてもありがたいです。
もちろん、太陽光発電システムが発電する電気は売れますから、普段の節電意識は高くなりました。