太陽光発電設置

あの恐ろしい東日本大震災以降、原子量発電に依存する日本の電力事情は一変しました。
他の発電方式に比べて、発電効率が原子力発電は素晴らしくいいのですが一度暴走すると何者を持ってしても、その猛威を止めることが出来ない物、人が扱ってはいけない物という共通認識が日本中に構築されてしまいました。
そのため今後、新しいく原子力発電所が新設されることは考えられないし、既設の原子力発電所もいかに安全にたたむかということに注目が集まっています。
原子力発電の進む道は一度消えたといっていいでしょう。
その代わりに、注目を浴びているのが火力発電で有り、水力発電で有り、そして太陽光発電なので有ります。
特に無尽蔵に地球に降り注ぐ太陽光を電気に変える太陽光発電は、今一押しの発電方法になっています。
国が今一番力を入れていると言っても過言ではありません。
というのは、他の発電方式、火力発電、水力発電ともに、個人で始められるものではなくて、巨大なスペ-スと莫大な資金が必要とされます。
ところが太陽光発電、設置に関しては、戸建の家に住んでいて、屋根があり、ある程度お金があれば取り付けることが出来るからです。
国とかの行政サイドとしては、民間用の電力をある程度、民間が自分で作り出す形があると、電力問題の解決につながると言うこともあるからなのですね。
その為、東日本大震災以降、色々と太陽光発電普及用の様々な施策が打ち出されました。
設置に当たっての国からの補助金、県からの助成金が出るようになりました。
そして、最も象徴的だったのが、電力会社による余剰電力の買い取り制度の確立であります。
昼間、太陽光パネルで発電した電力で、自家使用したあとの余剰電力を地区の電力会社が買い取るようになりました。
これらの諸条件が揃ってきたので、今太陽光発電の設置を考えているならば、余剰電力の買い取り価格が安定している間に、決断をするべきでしょう。