北海道で太陽光発電と聞くと

北海道というと、北の大地、冬の寒さが厳しい、雪が多いなど、寒さと連動したイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
そんな場所で太陽光発電という発想は、なかなか思いつかないと思います。
けれど、北海道の中でもとりわけ寒さが厳しく、氷点下何十度にまで気温が下がる街もあれば、函館などは比較的寒さが緩く、さほど雪が積もることもないと言います。
そうなると、北海道で太陽光発電は絶対にできないとも言い切れないと思います。
北海道もいつかは冬が終わり、春がやってきますから、広い大地にソーラーパネルをたくさん設置することができれば、太陽光発電はどんどん稼働することでしょう。
各家々に設置する場合も、広い場所があるところなら、屋根の面積も広くなり、ソーラーパネルの枚数も多くなると思われます。
春が来て、夏、秋と太陽光発電が動いてくれれば、たとえ冬の間は晴れの日が少なく、日照時間が短くなったとしても、他の季節で十分発電できると思います。