太陽光発電余剰電力買取制度

福島の原子力発電所を襲ったあのおぞましい東日本大震災とその影響による津波により、日本中が放射能汚染の危機にさらされています。
一時は日本在住の外国人が一斉に日本を離れて、母国に帰ると言うようなことが続いたことも有りました。
それくらい、世界的視点で見ても危ない状況ではあったのだと今更ながら感じます。
現在は、放射能が漏れまくりという状況は脱したものの、依然として数万人の福島の住民たちは自宅に帰れず避難生活を余儀なくされています。
あの東日本大震災以降日本中に強烈な原子力発電排斥、脱原子力発電の大きなム-ブメントが形成されるようになりました。
代替発電方式として、石油を炊いてタ-ビンを回す火力発電、ダムに水をなみなみと貯めて落下の力を電気に変える水力発電、そして個人が自分の責任で導入できる太陽光発電等が注目を浴びるようになりました。
特に国策として個人の太陽光発電の設置を推進させることで、個人使用の電気量のある部分を補完出来うるならば、今後の電力不足に有効だと考えられています。
そのために様々な太陽光発電普及推進の施策が実施されています。
国からの取り付け補助金、そして県からの取り付けに伴う助成金も確実に取り付けた人に支払われるようになりました。
そして昼間のパネルの発電時間帯に、発生する余剰電力の買い取りシステムは、過去に太陽光発電システムを取り付けたユ-ザ-にも好評で40円、または32円が適用されます。
この価格は、10年間固定で適用されます。
この価格は最初に度のタイミングで申込をするかで、変わってきます。
後になるほど、下がってくるのは自然の摂理で、現在太陽光発電設備の取り付けを検討されている貴方は、早期に決断されるのが得策かと思われます。
買い取り価格は、待っていても上がりはしないし、その他の補助金は、予算がなくなると出なくなるからです。