旭川市で太陽光発電をするのは

Posted in 雪国で発電?

太陽光発電というのは、言わずと知れた太陽光を熱源にして電気を作り出す方法ですので、晴れた日が多いところや日照時間が長いところが有利というのは、誰もが簡単に思いつくことだと思います。
それを考えると、北日本よりも西日本の方が断然に有利と考えられ、雪が降る北国では不向きという固定観念すら生まれているのではないかと思います。
けれど、実は太陽光発電は熱さに弱く、温度が高くなりすぎると発電効率が悪くなるとされています。
逆に寒い方が発電効率がよくなるということはあまり知られておらず、この事実を知ることによって北国での太陽光発電というものを考え直すことができそうです。
旭川市のように雪が多いところでも、雪がソーラーパネルを滑り落ちるような傾斜角度に設置すれば、雪がソーラーパネルを覆い隠すということがありません。
寒くても太陽光さえ出てくれれば発電ができますから、晴れた日にはしっかりと太陽光発電で電気を作ることができます。
最近では雪国での太陽光発電の実施が、予想以上の好成績を挙げているということもあって、北国にも太陽光発電の設置を考える人が増えてきました。
特に北海道は梅雨がないこともあって、たとえ冬に雪が降ったとしても、年間を通して梅雨がある場所と比較すれば、さほど大差のない発電量が見込めるのではないでしょうか。
太陽光発電をするにあたり、効果的にソーラーパネルに光が当たるように設置することと、温度が上がりすぎてもいけないということを知っていれば、旭川市のような寒いところでも太陽光発電で電気を作ることは可能です。
北海道で太陽光発電の設置をして実績を積んでいる工事業者を見つけることができれば、さまざまな家の屋根に取り付けてきた経験を活かし、最適な取り付けを行ってくれると思います。
旭川市で太陽光発電をとりつけ、電気を確保できるようになったなら、極寒の季節の電気代削減にも一役買ってくれるのは間違いないと思います。