太陽光発電に関する札幌市での事実

Posted in 雪国で発電?

札幌市は太陽光発電に不向き、と導入を諦めたこの地の方もいらっしゃるかもしれませんが、もしかするとその決断、少し拙速だったかも知れません。
と言いますのも、専門家の話によると、札幌では東京以上の年間発電量を生み出すのだとか。
ご承知の通り、日照時間が短い札幌ですが、太陽光発電においては、日照時間よりも実は日射量(太陽から得られるエネルギー量)の方が重要なようで、空気の澄んだこの北の大地はそれが東京などの他県より勝るそうなのです。
冬の雪を懸念する声も耳にしますが、たとえ雪が降っている日でも、一定の日射量があれば発電は可能とのことですし、雪が設置パネルに積もった場合も、太陽が出ていれば自然に落雪すると聞きました。
これらを踏まえると、太陽光発電の導入を札幌市で控える必要がないということはよく分かるでしょう。
札幌にお住まいで、日照時間の短さを気にして導入を取り止めてしまった方がいるなら、改めて検討し直してみるのも悪くないと思います。