太陽光パネルの設置方角

Posted in 雪国で発電?

旭川市では太陽光発電に適していないと思っている方もいるかもしれません。
しかし、しっかりとした発電量は確保できるようになっています。
確かに雪は冬のですが、日照時間が極端に短いわけではないようになっているのです。
その日照時間がある程度あるということなのですが、気温を気にされる方も多いでしょう。
その気温もあまり問題にはなありません。
かえって太陽光発電は気温が低い方が成功をする、
という考えからもあるようになっているのです。
気温が低い旭川市ならではの気温の低さも問題にはなりません。
ただ、成功を確実にしていくとしましたら、
あることをしっかりと見ていくことが必要になります。
それは、太陽光パネルの設置方角というものになっているのです。
太陽光パネルの設置方角によりましては、
その発電が成功することもあれば失敗してしまうこともあるのです。
成功できる方角というものがありますので、
そちらをしっかりとチェックして利用していかれるようになさるべきでしょう。
では、発電が成功するような太陽光発電の設置方角なのですが、
基本的には南向きというものがあるのです。
南向きですと、かなり長時間にわたりまして発電ができるようになっています。
午前中から午後まで問題なく発電をしていけます。
一方で北向きは行わないようにしましょう。
かなり発電量がダウンしてしまうこともあります。
せっかく成功する可能性があった発電が失敗に終わってしまうかもしれません。
そういったリスクは背負わないように南向きに利用していくことが肝心です。